「デッドクック」上映のお知らせ

「デッドクック」(佐々木勝己監督)の内輪試写会でした。

私はスプラッターやホラーが苦手なのですが、

今作は人間の臓器が出てくるにも関わらず全く気持ち悪くならず、むしろ「美しい」と感じ、とても不思議でした。

私は今までやった事のない役で、こういう役が出来て嬉しく思ったのと、

ラストの自分の死に様が気に入りました。

息子に下半身全て喰い散らかされるのですが、

静かに苦痛に顔を歪めつつ目覚め、喰われている事実に直面し、叫び怒り狂うのですが、そこのシーンがお気に入りになりました。

11/29にDVDリリース予定で、その前に1日だけ渋谷で舞台挨拶付き上映が開催されます。恐らく私も登壇します。

★11月19日@渋谷UPLINK
★ご予約は⇩
deadcookmovie@yahoo.co.jp
A 17:50〜19:00
B 19:50〜21:00

★予告編

私は井頭静香という料理研究家の役です。

宜しくお願い致します。

安部智凛


いよいよ明後日から上映開始!

映画「秋の理由」(福間健二監督)が、

明後日29日、新宿のk’s cinemaで上映開始です。
初日の舞台挨拶は私も登壇させて頂きます。

そして順次全国公開に入ります。

★k’s cinemaでの上映時間は
以下の通りです。

10月29日(土)~11月4日(金)
13:00~ 15:00~ 17:00~ 19:00~
※初日は15:00の回上映終了後と17:00の上映前に舞台挨拶があります。

11月5日(土)~11月18日(金)
11:00~ 13:00~ 15:00~

福間健二監督特集上映
11月12日(土)~11月18日(金)
21:00~

★茨城県の土浦セントラルシネマズでの上映日&時間は以下の通りです。
11月5日(土)~11月18日(金)
10:20~ 12:10~ 14:00~ 15:50~ 17:40~

★東京のニュー八王子シネマでも
11月19日(土)~12月2日(金)まで
時間はまだ未定

が始まります。

何卒宜しくお願い致します。

安部智凛


映画「秋の理由」上映のお知らせ

福間健二監督の最新作「秋の理由」に私は矢崎という編集者の役で出ています。

10/29(土)から先ずは新宿のk’s cinemaにて上映開始です。

初日は舞台挨拶にも登壇いたします。

是非上映を観にいらして頂けましたら幸いです。

よろしくお願いいたします。

安部智凛


アッシュ

皆様、ご無沙汰しております。

大分更新していないと思っておりましたが、今年の七月に更新していたのですね。
もっと更新していない感覚でした。

今回は、或る知り合いの話を書こうと思います。

2010年の冬に撮影したドイツ映画「Snowchild」のスタッフだったアッシュという男性の話です。

アッシュはとても可愛らしい方でした。

上手く言えないのですが、大人でありながらも少年の様な、純真無垢な、天真爛漫な、そういった側面のある方で、とにかく愛らしい人でした。

そんなアッシュが最近結婚し、彼らの間に可愛らしい女の子が誕生しました。

アッシュは愛娘である彼女のことを「The light of my life」とブログに綴っていました。

その言葉を目にして、私はとても感動しました。

色々苦労はあるでしょうが、一生を共に歩んで生きたいと思える最愛の伴侶と出会い、自分の人生の光だと言える愛する娘に恵まれ、そんなアッシュの近況を知る事が出来て、とても嬉しかったのです。

今日はこれくらいにします。長くなりますので^^

安部智凛 ABE Tomori


沖島勲監督の特集上映

本日、7月2日は沖島勲監督の命日だそうです。

正直遠い昔の事の様な気がして、数年は経っているかと思いきや、
まだ1年しか経っていなかったと知りました。

沖島勲監督には生前よくして頂きました。

そんな沖島勲監督の特集上映が本日からポレポレ東中野で開催されます。

http://www.mmjp.or.jp/pole2/

うまく貼り付けられず失礼します。

私は7月7日に上映の「WHO IS THAT MAN!?あの男は誰だ!?」に少し出ています。

連日21:00からの上映で、トークショーも連日あり。

宜しくお願い致します。

安部智凛


若松孝二監督 生誕80周年記念 特集上映

諸事情で生きたURLを貼り付けられず御免なさい。

http://www.wakamatsukoji.org

いよいよ3月26日からポレポレ東中野で、若松孝二監督の特集上映が開始されます。

http://ameblo.jp/rengousekigun/entry-12138792072.html

そして名古屋のシネマスコーレでは、4月2日から上映が開始されます。

どうぞよろしくお願い致します。

最近めっきり更新をしておらず、申し訳ありませんでした。

パソコンが無いのと、この公式ホームページの更新はやり方が難しくご容赦下さい。

私はお陰様でなんとか元気です。

しかし、今更嘆いても仕方がありませんが、若松孝二監督の逝去は、私にとっては今も変わらず悲しい事でしかないです。

今度更新するときは、もっと上手く、出来ることなら写真を添えて(出来るか不明)、明るい話題を提供出来たらなと思います。

安部智凛 ABE Tomori


 
© Abe Tomori