沖島勲監督

今、ドラマの撮影中なのですが、

そんな中、沖島勲監督の訃報を知りました。

沖島監督には、3年前に映画「Who Is That Man!?」でお世話になったのですが、ちょうど若松孝二監督が交通事故に遭われた知らせを受けたその日が撮影日でした。

沖島さんは20代の頃に若松プロで若松監督と一緒に映画制作をされていたそうです。

若松監督の追悼上映のトークショーの際に、お一人だけが「20代の頃に同じ釜の飯を食った仲で、特別なものがあるし、”あの人はこういう人だった”なんて定義したくない。今はそういう時期ではないと思う」と唯一”こうだった”と言わなかったことが印象的でした。

「次回作もお願いします」と直筆でお手紙頂いたことが私は嬉しくて、今までも密かに楽しみにしていました。

しかしそれが無かったとしても、沖島監督には映画を又撮って頂きたかったし、若松監督のお話をもっと一緒にしたかったし、色んなお話を聞きたかったです。

亡くなった今となってはお会いすることすら叶わないのだと思うと、悲しい気持ちで一杯です。

追悼ではないのですが、たまたまラピュタ阿佐ヶ谷で、沖島勲監督の特殊上映が今組まれています。

ご興味のある方は是非足をお運び下さいませ。

私も行くつもりです。

 

 

合掌。

 

Rest In Peace, Mr.Isao Okishima.

 

 

安部智凛 ABE Tomori


 
© Abe Tomori